児童英検 BRONZEコース

児童英検 BRONZEコース

児童英検はBRONZE・SILVER・GOLDという3つの段階から成っています。
これから自分の英語力に合うものを見つけ出して、テストに取り組むことができますから、無理のない学習をしながらクリアするといった目標を持つことができるでしょう。
とりあえずBRONZEから手をつけてみて、通過することができたら今度はSILVER、GOLDコースへと段階的に進むと良いでしょう。
BRONZEコースは約30分間でテストが終了しますが、問題数は大問が7問で小問が40問から成っています。
児童英検という言葉から困難なものだと思い込んでいるかもしれませんが、BRONZEの問題は初歩的な基礎の知識があればそれほど難しくないでしょう。
日常生活で使うような基礎的な英語表現を知っているかどうかについてチェックする内容になっています。
合格に向けて、挨拶や物事に対する反応の表現などについて勉強しておくことが大切です。
その他、朝起きてから夜寝るまでの間に毎日行う行動について、英語ではどう言うのか学んでおくと良いでしょう。
朝や就寝前の挨拶以外にも、歯を磨く、手を洗うなどの動作についても復習しておきましょう。
試験の中身は基本的な動詞や形容詞、名詞を聞き取ることができるかどうかを調べる「語句」、動詞・挨拶などといった日常生活で使うような「会話」、1〜3文を聞き取る「文章」があります。
BRONZEというのは児童英検の中でも最も低いレベルだということもあって、基礎知識程度の英語の能力があるかどうかを調べるためにBRONZEのテストを受けるという子供も多いです。