児童英検 GOLDコース

児童英検 GOLDコース

児童英検の中でハイレベルがGOLDというコースです。
GOLDを受験する上で参考となるのが、児童英検において真ん中のレベルであるSILVERを80%以上正解している児童です。
塾に習いに行っている場合なら、週に50分のレッスンを続けて2年から3年くらい受けてきた場合か、小学校にて4年もしくは5年程度英語活動を実施していることが求められるでしょう。
それから、会話などの能力だけでなく、英語の文章を書くこと必要なので、文字学習も2年半もしくは3年ほど要ります。
出題される問題数は大きな問題が9問と小さい問題が50問あり、45分間くらいのテスト時間となっています。
文章問題では、5W1Hを使った疑問文に対する返事の仕方、会話においては3往復よりも多くのやりとりがある会話の理解が要ります。
日常生活に関するような文章を聞き、それを踏まえて質疑応答をする力も関係します。
よく出てくる言葉に関してもSILVERと比較してかなり難しいものとなっており、自分の考えを伝えることに加えて、第三者との意見のやりとりをする能力についても必要になります。
小さい子供が児童英検を受けた際に、受からなかったときに、これ以上学んでいきたくないと思ってしまうこともあります。
そういうこともあるので、たとえGOLDも余裕で受かる力があると見込んでいても、児童英検の初試験でGOLDにチャレンジさせるのではなく、SILVERなど易しいものからチャレンジさせるほうが良いでしょう。
児童英検はゲームのように楽しく挑戦できるので評判になっています。
受験を考えている場合には、難易度の低いものから受けて合格の経験をさせるようにすれば、子供の意欲を高めることができるでしょう。