児童英検の受験方法

児童英検の受験方法

児童英検の受験方法は、ペーパー版とオンライン版のいずれかを選んで受けることができます。
ペーパー版の場合は個人ではできないので、1グループ5名以上の受験者を用意してグループ受験を頼まなければならないのです。
グループ登録は代表者が行うのですが、受験する子供のレベルがばらばらでも可能です。
グループの登録を実施する場合には、財団法人日本英語検定協会のホームページに用意されている申請書を印刷して使うか、電話やFAXなどを使って申込書を送ってもらうように頼んで送り返します。
児童英検をペーパー版で受験する際には、試験日と受付の期間が決まっていますので、まずはしっかりチェックしましょう。
試験日は、グループの代表となる人が試験日として定められている期間から選び、試験会場も同じようにグループで設定していきます。
また、連続した2種類のグレードのダブル受験も可能です。
注意が必要なのは、グループ登録をしようとしているなら、受付が申込締切の10日前までにされていなくてはならないということです。
時期を逃してしまった場合などは、オンライン受験に切り替えることを考えてみることをおすすめします。
グループ会場実施規定というものが定められており、ここでは厳正公平なテストを実施することを約束したり、テスト資材の厳重保管・漏えい防止についても約束する必要があります。
英語教室などにおいて児童英検を実施しているところもありますので、塾に行っているときには児童英検について教えてもらうと良いでしょう。