児童英検の受験資格

児童英検の受験資格

児童英検には受験資格がないため、誰でもテストを申し込むことができます。
とはいえ、一般的に何歳程度から受けさせてよいものか参考までに知りたいという人もいるでしょう。
平均年齢としては8歳前後の子供の受験者の人数が多いと考えられています。
ほとんどが小学校低学年から中学生までの子供ですが、もっと小さな子供でも児童英検にチャレンジすることができます。
それぞれのグレードの受験者の年齢ですが、BRONZEの受験希望者の平均年齢は、6〜9歳です。
SILVERコースについては、7歳ないし10歳の児童がメインとなり、その上のGOLDでは9歳から11歳程度の子供が受験しているようです。
BRONZEだけでなくSILVERやGOLDで4歳以下の受験者も数多く存在します。
逆に13歳以上の受験者もいるので、児童英検について考えた場合、年齢について考えなくてもよいでしょう。
年齢を別として目を向けたほうが良いのは、どのくらい学習をしてきたかに関してです。
BRONZEコースでは1、2年、SILVERとGOLDについては4年以上英語を学んだ人がチャレンジしています。
個人ごとに英語に触れ合っている時間や環境が変わってくるので、特定の年齢でどのグレードを受けるか考えるより、実力のレベルで決めるほうが良いでしょう。
グレードが上がれば難易度も上がりますので、何のグレードにチャレンジするかは熟考しましょう。
オンラインテストでは自分の都合の良いときに受験できますが、費用は毎回かかりますので、受験するタイミングはよく選ぶ必要があるでしょう。