児童英検を考える

児童英検を考える

児童英検は、英語に触れている子供なら誰でも腕試しをできるものになっています。
英語の勉強をしたことがないという子供の場合は、良い点数にはならないでしょうが、試験を受けること自体に支障はありません。
英語に対して強い興味を持っている児童の場合、試験を受けることによって、さらに英語に興味を持つことができるかもしれません。
自分が持っている英語の能力がどれぐらいなのかをテストという手段で判断できますので、もっと深い学習意欲を持って欲しいというときにも児童英検は適しています。
とはいえ、英語に対する興味がそこまでないのに、実力に合わないグレードをさせるというのは望ましくありません。
もし良い結果が出なければ、自分は英語ができないんだという固定観念を持たせてしまう可能性があります。
児童にどのグレードを受験させるかは、色々と意見を出し合ってよく検討しましょう。
塾といった場所で英語の勉強をしているなら、塾の講師に尋ねてみると、何のグレードを受験すれば優秀な結果が出るのか話してもらえるでしょう。
英語の質問を耳で聞き取って答えるといった試験形式のため、日本語が読めないような小さな児童でも児童英検の受験には支障がありません。
児童英検は英語検定よりも認知度が低い検定ではありますが、子供のための塾では受験を勧めているところが増加してきました。
オンライン試験ではパソコンを使用して英語を習うこともできますので、幼いころから子供に英語に慣らしておこうと考えているのであれば、児童英検を考えてみてはいかがでしょうか。